このサイトでは、車の下取りで失敗したくない人の為の役立つ情報
「 車買取店の活用術や下取り価格を上げるノウハウなど 」 を公開しております。

車の下取りで失敗したくないと思われる方は是非一度ご覧下さい。
相場や価格情報に惑わされない、本当の車下取り情報を公開しております。

車の下取り - あるある事例

新車や中古車を購入する時は、初めて車を買う場合でなければ、いま乗っている車を下取りに出して新しい車を買うと言う流れが普通です。
そしてその下取り価格は、販売店の言い値に近い状態で取引される事も多くあります。

追い金なんて貰えませんよ

しかし後になってから、例えば自分の車が中古車情報誌やインターネットなどで、200万円で売られているのに、下取りはそれよりもずっと安い130万円だった事に気付いたとか、 100万円で下取りされた車が、しばらくすると同じ店で下取り価格よりも50万円も高い150万円で売られていたなんて事もよくある話です。

これを販売店側の立場から言い訳をすると、中古車情報誌に掲載されている車と比較すると、走行距離や内外装の状態などが違うのでその値段になったとか、下取り後の整備にお金が掛かったのでその値段になったと言う事になります。

まあそんな理由でも納得できない訳ではないですが、車を下取りに出した側からすると、何となくモヤモヤすると言いますか、少し損をしたような気になってしまうものです。

しかし車を売った後で損をしたかもしれないなんて言っても、余程でたらめな価格でもない限り追加のお金が貰える訳でもなく、お互いに気まずくなるだけですので、そこはぐっと堪えて胸にしまっておく事になってしまいます。

賢いユーザーが増えています

車から見ている女性

それでは、そんな事にならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

そもそも車を買うときに同じお店に下取りに出さなければならない理由なんてありません。
つまり車の下取り先をどこにするかはオーナーの自由なのです。

ただし下取りと言う言葉の正しい日本語の意味は、新しい車を買う時に、それまで使用していた車を同じ店で買い取ってもらうと言う意味ですから、オーナーは下取り先を自由に選ぶ事が出来ると言う事を、 正しい意味の日本語で書くと、新しい車を買うときに、オーナーは下取りに出さずに別の買取店で買い取りしてもらう事が出来ると言うことになります。

このページの先頭へ

下取りは通常の買取よりも高いと誤解していませんか?

最近は様々な商品(家電・スーツ・靴など)が下取りの対象となっていますよね。
例えば家電ではパソコンやテレビや掃除機など様々な物を下取りしてくれる販売店が増えてきました。

このように家電が下取りされるようになった理由は色々とあると思いますが、多くの場合は、メーカーや販売店に不利益な価格競争を防ぐ為に、商品の値引きでは無く下取りと言う方法での値引きをして他店との差別化をしているケースや、 単純に値引きするよりも得だと消費者に思わせる為の販売戦略だったりします。

ですから家電の下取りの場合は、下取りに出す商品が古かろうが壊れていようが関係なく一律料金で下取りされる事が殆どです。

車の下取りについて知りたいのだけど

車の下取りの情報を探してココを読んでるのに、何で関係の無い家電の下取りの話なんだと不思議に思われるかもしれませんが、実は車の下取り価格を考える上で、家電の下取り方法はとても参考になるのです。

車下取りのイメージ

家電では古くても壊れていても一律価格の場合が殆どですので、消費者にとっては下取り価格を引いた商品代金が魅力的ならば、お得な買い物だと言えます。

しかし車の場合は中古車の下取り価格が一律なんて、当然ありえない事ですので下取り価格を見積もりしてもらい、その価格に納得がいけば下取りに出す事になります。

勘の良い方ならもうお気づきかもしれませんが、もう少しこの流れを簡単に書くと、下取り価格を決めるのは新しい車を買う予定の販売店ですから、販売店の気持ち次第で高くも安くもなり、一律料金ではないと言うことです。

そんなバカな話は無いだろうと思いますか?確かに気持ち次第とは言うのは少しオーバーな言い方ではありますが、下取りされた車の行方を追えばこれが、あながち間違いではない事だと分かります。

このページの先頭へ

下取りされた車の行方を追え!

結論から先に言いますと、下取りされた車は廃車にされるか中古車として販売されます。

ですから廃車の場合を除き、車の下取り価格と言うものは、中古車として販売する時の予定価格から、自社の利益や経費などを差し引いた価格が提示されるのです。

まずここで自社の利益と経費が出てきましたが、それらに定価はありませんし、仮に自社基準の定価のようなものがあったとしても、当然ですが下取りに出す人には教えてもらえません。

これが第一のブラックボックスです。

次に下取りした車を中古車として誰が販売するかと言う事になります。

ここには主に2つのルートがあります。
下取りに出した人が一番分かりやすいのは、そのまま自社で販売される事ですね。
もうひとつはオートオークションに出されて他の中古車販売店に買われ、そこで中古車として販売されると言うルートです。

まず自社販売される場合は第一のブラックボックスと基本的に同じ条件になります。

体験談を話す女性

しかしオートオークションの場合は、業者間のオークションと言えどオークション形式に価格が決まりますので落札されるまで金額が見えないと言うギャンブル性が多少あります。

この時に下取りした車で赤字を出すわけには行きませんので、オークションの過去の落札価格から下取り車の落札される価格を予想し、そこから多少の利益を引いた金額が、下取りの価格となります。

ですからよほど売れ筋の車でもない限り、少し弱気の下取り価格が提示される事が多いと思います。

そして先にも書きましたように、オークションで落札された車は、他の中古車販売店が販売する事になりますから、その中古車販売店も利益を出さなくてはなりませんよね。

オークションで買った車も、下取りして自社販売する車も、販売店が違ったとしても最終的に同程度の販売価格に設定されます。

なぜなら同程度の車の状態で価格が高ければ売り難いからです。

ですから下取りされた車がオートオークションに出される場合は、まず下取りした車屋の利益を抜かれ、オートオークションの会場を利用する為の手数料を抜かれ、最終的に販売する販売店の利益を抜かれた価格が下取り価格となるわけです。

これが第二のブラックボックスです。

こうやって下取りされた車の値段が徐々に上がって、最終的な販売価格となるわけです。

ですから中古車情報誌に掲載されていた、同じような車の価格と下取り価格に大きな差があったことにも納得できましたでしょうか?

それと下取り価格が安かったのに、店頭に並べた時の価格が高かったと言う場合は、本当に整備にお金が掛かったのかもしれませんし、自社で店頭販売するかオートオークションに出すか決めかねて、オートオークション用の価格で下取りされたのかもしれませんね。

そうすれば赤字になることはありませんから、販売店側からすれば優秀な営業マンだと評価されるでしょう。

しかしその営業マンを恨んではいけません。だってこの中古車の流れは、どこの車屋でも当たり前の事ですし、これがオートオークションが無ければ中古車の流通コストはもっと高くなり、中古車の相場が高くなったり、下取り価格が安くなったりし、消費者にとってもデメリットとなります。

もう車の下取りにこだわりはありませんよね

買い取りを検討する人

さて、ざっと下取りされた車の行方を書きましたが、あなたはまだ長年付き合いのある販売店だから高く下取りしてくれていると思いますか?

もしも自分の車は出来る限り高く下取りされたいとか、下取りにこだわらず自分の車を最大限評価してくれるお店を知りたいと思われた方は、是非とも買取査定の専門店一覧をご覧下さい。

※その他のコンテンツにも、お得なカーライフを送るちょっとした秘訣のような事を書いております。
左のメニューよりお選び頂けます。

このページの先頭へ