このページでは、車の下取り価格の目安について解説しております。
下取り価格の目安さえ分かれば車が高く売れる!なんて思っていませんか?

いえいえ車の売買はそれ程単純ではありませんし、「目安さえ・・・」なんて中途半端な知識で交渉しても、本当の高額査定を引き出すことは難しいのです。

下取り価格の目安なんて当てにならない

新車を買う場合でしたら、定価と言うものが存在しますので、あとは個々の値引きは多少違えど、それほど大きな差は無く、安心して購入できると思います。

しかし中古車の場合はどうでしょう?

同じ型式の車種でも、年式や走行距離やグレードによって価格はバラバラです。
仮に同じグレードで装備内容や走行距離もさほど変わらない場合でも、価格が数十万円も違う場合だってあります。

このように、なぜ同じような中古車なのに価格が異なるのかと言いますと、何か特別な理由が無い限り、仕入れが安かったから売値を安く出来たのだと言うことになります。

なぜ仕入れが安かったのでしょう?

それでは販売業者が車を安く仕入れる為の方法には何があるのでしょう?

仕入れルートは、中古車オークション、業者間の売買、下取り、買取など色々ありますが、中古車オークションや業者間の売買では中間マージンが発生しますので、やはり安く仕入れるなら個人からの車の買取や下取りが一番だと言えます。

この様に書くと個人から安く買い叩いたから、安く売る事が出来るのだと勘違いされそうですが、そうではありません。

例えば自社で中古車の販売網を持っているディーラーなら、下取りや買取した車を自社で次のお客さんに販売する事も可能ですし、自社で売らないのなら中古車オークションに出品する事も可能です。

ですから強気の価格で下取りや買取をしても、自社で仕入れから販売までを一貫して行えるので、よほど常識はずれな価格で仕入れ(下取りや買取)をしない限り赤字になる事はありません。

しかし自社で中古車の販売網を持っていないディーラーでしたら、下取りした車は中古車オークションしか選択肢がない事になります。

この場合は、中古車オークションに出す為の経費や手数料なども必要ですし、希望額があったとしても、その価格で売れる保証はありませんので、下取り価格はその最低ラインしか提示する事が出来ません。

これは、買取専門店など高価買取を謳っている所でも同じ事が言えます。

それなら中古車販売店に売れば高く買ってくれるのでしょうか?

残念ながらそうとも言い切れません。

最近は買取店は(もちろんディーラー系でも)中古車の取り扱いに積極的ですが、その店がどんな中古車を積極的に買取したいと思っているのかは、実際に査定をして貰い、査定価格を見るまでは分かりません。
なので実際に査定をして貰うと、お店によって査定価格にばらつきは出ます。

ですから、中途半端な下取り価格の目安金額を知って査定してもらうよりも、複数社に査定してもらって、その中で高い金額を提示してくれ、尚且つ親切で丁寧な対応をしてくれるお店を選ぶ事が、遠回りをしているようですが高価買取への一番の近道なのです。

それと、最近では価格差が少なくなってきましたが、首都圏や大都市圏の中古車相場と地方の中古車相場は異なります。

例えば地方では軽自動車や若者向けの自動車の需要がありますが、大都市圏では公共交通機関も発達していますし、駐車場や家賃が高いと言った背景から、若者の車離れが進んでいると言われていますので、そう言った車は地方ほど売れません。
しかし、輸入車や国産高級車など高価な車の需要は地方よりも大都市圏のほうが多いです。

また沖縄や離島など車の輸送にお金がかかる地域や、マーケットが小さい地方都市などでは、他の地域よりも下取りや買取の価格が少し安くなるとも言われています。

このような需要による価格差は、下取りや買取価格にそのまま反映されていますので、ネットに掲載されている相場情報をそのまま信じてしまうと、がっかりなんて事もありますので注意が必要です。

このページの先頭へ