このページでは、車の下取りと車を購入する際の値引きについて解説しております。
下取りと値引きを合わせて見積もりする事は、消費者にとってあまりメリットはありません。

現在所有している車の価値を正当に評価してもらい、尚且つ購入す車はキッチリ値引きをしてもらう
消費者にとっては、これがベストで当たり前な車の購入方法だと思いませんか?

下取りと値引きを混ぜてしまうマジック

新しく車を購入する時 (特に新車を購入する場合に多いのですが) で、購入予定の店で今乗っている車を下取りに出す場合に、 「車の値引きはこれ以上無理なので、下取りの方でもう少し頑張ります。」 なんて言われる事がよくありますよね。

これは本当に 「営業マンが頑張ってくれてラッキー!」 なのでしょうか?

まあ、こうやって何でも疑ってしまってはキリが無いのですが、車は安い買い物ではありませんし、下取りに出す車だって大切な財産なのですから、ラッキーではなく正当な評価をしてもらいたいと思うのが人情です。

ですのでこんな時は、その営業マンに 「車は買取店にも査定してもらう予定だったので、そちらも含めて検討します。」 など言っておいて、後日実際に車の買取店にも査定してもらい、下取りよりも買取店の査定額の方が高ければ、営業マンに下取り価格を再交渉するか、車はそのまま買取店に買い取ってもらい、下取りは無しで良いので値引きをもう少し頑張ってもらうようお願いすると言う手段もあります。

こうすれば更に車の値引きを引き出せないとしても、下取りする車の価格が上がる分でプラスになりますので、営業マンにそれ以上の無理を言う必要も無く、お互いに納得した上で気持ちよく取引が進むと思います。

何社も見積もりを取るのは気が引ける?

たまに下取りと買取店を天秤にかけるのは苦手だとか、下取りの査定をしてもらった後に買取店に査定をしてもらうのは気が引けるといった人もいますが、そんな事はありませんのでご安心下さい。

新車のディーラーでは、新車を売る事が仕事だと割り切って考えている店舗も少なくなく、近年では下取りの査定をお願いしたら、はじめから 「買取店の方が高いと思いますので、そちらを利用されてはいかがでしょうか?」 なんて言う営業マンもいるようです。

新車の営業マンとしては、新車の値引き交渉以外に下取りの価格交渉までして、もしも下取りが安いからという理由で大切なお客さんに逃げられては本末転倒ですよね。

こんな時は、当店では下取りは○○万円までしか出せませんので、専門の買取店で査定してもらった方が高いかもしれませんと言った方が、無理することなく安全に交渉できるのかもしれませんね。

まあ中古車販売店の場合なら、その一言で客を逃がしてしまう可能性があるので、実際には思っていても口に出す営業マンは少ないかもしれませんが、ある意味これが正しい形なのかもしれません。

ただし、お金に余裕があって買取店を利用する時間が無かったり、そんな面倒はしたくないと言うお客さんもいるはずですから、そのような上客さんはこれまで通りの買い方と売り方が面倒も無く良い選択肢なのでしょうね。

このページの先頭へ