このページでは、車の下取りや買取の見積もり前の準備について書いております。
「洗車は必要?」「故障箇所の修理は必要?」などの疑問は、このページをご覧下さい。

色々な買取情報サイトで、洗車はしたほうが良いとか、傷は修理しなくて良い
または修理はしたほうが良いなど書かれておりますが
これから売る車にあまりお金をかけても仕方ありませんよと言う話です。

査定の前に洗車や傷の修理はしたほうが良い?

車を下取りや買取の見積もり査定をしてもらう前に、しておくべき事としなくても良い事を書いておきます。

まず洗車についてですが、普段から適度に洗車をしていて、当日もそれほど目立った汚れが無い状態なら、査定だからと言ってワザワザ洗車はしなくても良いと思います。

ただ車にコーティングなどを施工していて、洗車をすればピカピカの光沢が出る車などは、見積もり査定前に洗車をしてピカピカに光らせておけば、査定士の印象も良くなると思います。

逆に小傷が多い車でしたら、洗車をしないほうが傷が目立たずに良いかもしれませんね。

しかし、その小傷がコンパウンドなどで磨けば取れる程度でしたら、見積もりや査定など関係無く普段から手入れをしていた方が、車に愛着もわきますし下取りや買取の査定時に慌てる事もありません。

ヘコミや傷の修理はしなくて大丈夫?

また自分で修復が困難な大きな傷やヘコミについては、下取りの見積もりや査定だからといって修理に出す必要はありません。

確かに大きな傷やヘコミがあるとマイナスされますが、自分で修理に出した時の代金を考えると、修理無しで査定をしてもらってマイナスされる方が得な場合が殆どですし、手放す車をわざわざ修理に出す手間と時間がもったいないです。

それよりも大きな傷やヘコミが出来た時には、その都度ちゃんと修理していた方が良いと思いますよ。

車内の掃除はしたほうが良いの?

次に車内(室内)についてです。

こちらも外装同様に普段から手入れされている方は特に必要ないと思いますが、ゴミが散らかっていたり、物にもよりますが色々なものが多く乱雑に乗っている車内は、査定士にあまり良い印象を与えません。

ですので、なるべくキレイにして見積もりに出した方が良いと思います。

また喫煙する車両でしたら細かなところにタバコの灰が落ちていたりするので、念入りに掃除した方が良いと思います。

それと車内の臭いも少なからず査定に影響します。

においの強いカーコロンを使用されている方は、査定の時は外した方が良いかもしれませんね。

それと喫煙車両でしたら、査定前に十分換気して、必要であれば消臭剤を振って対策して下さい。

また喫煙車両は車のウインドーも汚れている事が多いので、そちらも注意して下さい。

他にも車によって色々と対策はありますが、キレイと感じる感性や車に対する思い入れは人によって異なりますので、もしもアナタがその車を買う立場だったらと考えれて、あまりお金をかけずに出来る範囲で掃除や補修をすれば良いと思います。

このページの先頭へ