このページでは、車の下取り相場を調べる方法や
実際に調べた相場の信用度などについて書いております。

車の下取りで一番気になるのは、やはり価格ですよね。
ですから価格で失敗しない為に相場が知りたくなるのは人情です。
しかし当てにならない相場を調べるのは時間の無駄とも言えるのです。

車の下取り相場は業界人なら誰でも簡単に手に入ります

結論から先に言いますと、車の下取り価格や買取価格に相場はあります。

大手の買取店やディーラーでは、自社で独自の相場表を作って対応している場合もあるようですが、基本的には中古車の相場情報誌を利用しているところが多いようです。

この一般にはあまり知られていない中古車の相場情報誌は、中古車オークションなどの取引価格の平均値を分析・算出して掲載しており、イエローブックやホワイトブック、レッドブックなどの名称で発行されている月刊誌です。

他にも色々な色があり、シルバー、グリーン、ブルーなど、使用目的や発行団体によって名称(色)が異なります。

この様な相場情報誌は、車の査定に使用されるだけでなく、自動車保険の車両保険や事故を起こした車の時価の基準に用いられています。

ただし、業界用(業務用)の情報誌ですので、一般には販売されておりません。

ですからあまりお目にかかる事は無いと思いますが、たまに車の査定をお願いいたときに、「相場表の価格はコレですので・・・」なんて言って見せてくれる査定士や営業マンもいます。

その相場表を見せてくれたら安心なのか?

でもこの相場にはご注意下さいね。

先にも書きましたように、この相場表に掲載されている価格は中古車オークションなどの取引価格の平均値などが書かれています。

そしてこの相場表は一般には出回らないとは言え、業界関係者なら簡単に手に入るものです。

そうなると、例え査定をお願いした車がその車種の平均的な価値しかないとしても、複数社の買取店で査定すれば、その情報誌に掲載されている価格以下にはならないと言うことです。

つまり複数社に査定依頼を出して、その中にあなたの車を本気で買いたいと思う買取店が1店でもあれば、必ずその相場以上の査定額を提示してくるという事です。

しかもこの相場表は中古車オークションの平均相場ですから、個人からの買取の場合はオークション会場に払う諸費用や陸送費やなど必要ありませんから、殆どのお店が初めから相場表よりも高い価格を提示してくる可能性が高いです。

なぜなら複数社の査定の場合は、他店より少しでも高い価格を提示しなければ、買取店は車を買えません。

本当に売る予定があるのなら相場なんて気にしないで

そして最近ではネットから車の買取査定を依頼する人が多くなっていますし、その際には複数社一括申込みを利用する人も多いですので、初めから高い価格を提示できない買取店は、全く車が買えないなんて事にもなりかねません。

この様な流れがあるので、複数社一括申込みを利用して車の買取査定をすれば、下取りよりも高くなる可能性が高いという事になります。

そしてこのページの初めに「車の下取り価格や買取価格に相場はあります」と書きましたが、もう少し正確に言えば相場はあるけれど、一般にはあまり見ることは出来ない相場表ですし、見れたとしても実際の査定価格とは異なる可能性が高いので、ハッキリ言って見る必要は無いと言うことになります。

これから車を乗り換えたり、不要な車を売りたいと思う方達は、実際の査定前におよそ幾らなのか知らなければ、次の車の予定が立たないとか、あまり安いようなら初めから売る気は無いので、大体の価格が知りたいとか思われるようですが、まずは気楽に一括査定に申し込まれてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ