このページでは、車の下取りと買取を比較した場合の
メリットとデメリットについて説明しております。

基本的に下取りを利用する方がメリットは多いのですが
それでもわざわざ買取店を利用するメリットとは何でしょうか?

下取りはメリットが、買取はデメリットが多い

このページでは、車の下取りではなく買取店を利用するメリットとデメリットについて解説したいと思います。

まず車を下取りに出す場合は、次の車の購入と現在所有している車の処分が1箇所(1店舗)で済む為、乗り換えの際に複数のお店と取引する面倒が無いと言うメリットがあります。

しかし買取店を利用する場合は、車を買うのはAディーラーで、車を売るのはB買取店でと言う少し面倒が生じますので、下取りの場合とは逆にこれがデメリットとなります。

下取りを利用するメリットは多いです

他にも買取店より下取りを利用した方がメリットはあります。

下取りの場合は、次の車を納車するまでの間、例外(ディーラーが先に車を渡して欲しいと言う場合もあります。)を除き、殆どの場合で現在所有している車に乗る事が出来ます。

たとえ例外のような場合でも、状況や交渉次第で代車を用意してくれると思いますので、この事をあまり心配する必要はありません。

しかし買取店を利用する場合は、買うお店と売るお店が異なりますので、納車まで待って欲しいと思っても、車を渡すまで契約は前に進みませんから、現金を貰う事は出来ません。

ですので車を売ったお金を次の車の頭金にしようと思っている場合で、なおかつ次の車の納車まで今の車に乗ると言う事は、基本的に出来ないという事になります。

ただし買取店でも、そういった場合には代車を貸してくれる場合もありますし、サービスの一環として代車無料を掲げている買取店も多くありますので、事前に交渉しておけば下取りの場合と何ら変わりなく、次の車への乗換えが可能となります。

それと買取店を利用する場合は、基本的に店舗に持ち込んで車を引き渡す事になります。

ですので買取店から自宅などに帰る為の交通手段も考えておく必要があります。

ただこちらも交渉次第で、自宅まで車を引き取りに来てもらったり、店舗から自宅まで送ってもらえたりする事がありますので、買取店の利用の際は忘れずに交渉しておいた方が良いと思います。

買取店を利用する最大のメリットとは

それでは、そんな面倒をしてでも買取店を使用するメリットとは何でしょう?

ズバリこんな面倒をしてでも買取店を利用する最大のメリット(魅力)は、車の下取りよりも高く売れる可能性があると言う事に尽きます。

仮に車の下取りと買取店の見積り額が同じ、もしくは下取りの方が高いのならば、わざわざ買取店を利用するメリットは無いに等しいですから、そんな時は迷わず下取りを利用した方が良いと思いますし、そんな事は言わなくても皆さん下取りを利用されると思います。

しかし現実として買取店が全国に沢山ある事や、公開されている利用者数などを見る限りでは、やはりそれだけ買取店の買取価格に魅力があると言う裏付けにもなっているのだと思います。

このページの先頭へ