このページでは、車の下取りや買取の時に必要になる書類について解説しております。
しかし必要書類はお店でも案内してくれますので、それほど心配しなくても大丈夫です。

ただし不明な点や疑問点などあった場合は納得のいくまで説明して貰いましょう。
車の売買は高額な取引になりやすいので、分からない点を残すのは良い事ではありません。

必要になる書類はお店で教えてもらえます

車の下取りや買取で査定をしてもらうだけなら、車検証さえ車に載っていれば特に問題ありませんが、その後に実際に売却するとなると、何点か必要になる書類があります。

また軽自動車と普通自動車では必要になる書類が若干異なりますのでご注意下さい。

軽自動車の場合

まず軽自動車の場合に必要になる書類は、車検証、自賠責保険の証明書、自動車税の納税証明書、リサイクル券、認印です。

他に自動車検査証記入申請書が必要ですが、これは下取り先か買取店が準備してくれます。

普通自動車の場合

次に普通車の場合に必要になる書類は、車検証、自賠責保険の証明書、自動車税の納税証明書、リサイクル券、印鑑証明、実印です。

他に譲渡証明書と委任状が必要ですが、これは下取り先か買取店が準備してくれます。

印鑑証明は基本的には発行後3ヶ月以内のものが1通必要ですが、名義変更の手続きが遅れる可能性がある場合などには、発行後1ヶ月以内でお願いしますと言われる場合もあります。

また必要になる枚数は基本的には1枚ですが、2〜3枚必要と言われる場合もあります。

この場合1枚は車検証の名義変更に使用、もう1枚は自賠責保険の名義変更に使用されるようです。

しかし2枚以上必要と言われた場合は、念のため使い道を聞いて納得された上で用意された方がいいと思います。

他には引越しなどで車検証に記載の住所と現住所が異なる場合や、結婚などで姓名が変わった場合には、住民票や戸籍謄本などが必要になる場合があります。

詳しくは担当者に聞いてみましょう。

疑問や不明な点などあれば聞きましょう

車の売買は高額な取引ですので、不明な点や疑問な点などあったら、まずは担当者に聞いてみましょう。

それでも分からない場合はネット(参考:車売却時の必要書類について【よくある質問】)などで調べてみると言う手もありますが、取引の内容に不安や疑問が解消されないのであれば、他の安心できる買取店を利用した方が良いかもしれませんね。

このページの先頭へ