このページでは、車買取店から高額査定を引き出す為のマメ知識を紹介しております。
車の下取りや買取店を利用する前に是非一度ご覧下さい。

このページの内容は読みやすいように2部構成となっております。
ページの最後に次のページへのリンクがありますので、後編もあわせて読んで頂ければ幸いです。

失敗したくない人の為の買取講座

これから買取店に申し込む人達に、なぜ「買取店を撃退しよう!?」なんて少し過激なで変わったタイトルのページを公開しようと思ったのかと言いますと、このホームページを読んだ人には、買取店を利用して失敗したなんて思って欲しくないからです。

まあ買取店の人がこのページを読んだら、「何だコイツは!適当な事ばかり言いやがって!」とか、「商売の邪魔をするな!」って怒られそうですがね。

さて、買取店でこれから車を売るのに、なぜ買取店を撃退する必要があるのかと言いますと、彼らは車を買う事が商売ですから、出来るだけ多くの車を買いたいと思っており、そしてどこよりも高く買いますなんて言いながらも、心の底では良い車を少しでも安く買いたいと思っているのが本音だと思います。

しかし、彼らを責めないであげて下さい。

それが彼らの仕事ですし、彼らにだって家族があるのですから・・・
っと冗談はさておき、車を沢山買い取りたいと思っているのは本当ですし、出来れば安く買えたら良いなと思っているのも本当です。

だって、もしもアナタが中古車を購入するとしたら、程度の良い車を少しでも安く買いたいと思うでしょ?それと同じ事です。

しかし買取店は買取のプロです

しかも車の査定をするのは、査定のプロであり、営業(交渉)のプロでもあります。

ですから、査定を依頼して見積もりを貰ってみると、お決まりの営業トークやパターンがあるのです。

このトークやパターンに乗っかってしまうと、査定士(営業マン)の思う壺で、あれよあれよと言う間に車が買い取られていきます。

これでは場合によっては、下取りよりも本当に高かったのかとか、買取店の中で一番高かったのか何て分かりませんよね。

まあ価格に満足して、その流れに持ち込まれたのであれば、それは失敗とは言えないかもしれませんが、私の個人的な意見としては査定士(営業マン)のペースに持ち込まれて売ったのであれば、成功とは言えません。

たまに勘違いしている人が、買取店に買って貰うのだから買取店がお客さんのような対場だとか言う人が居ますが、買取店は車を買って利益を上げているのですし、売る側からすれば他にも選択肢はあるわけですから、やはり売り手(アナタ)がお客さんですし、主導権はアナタにあると思って良いです。

まあそうは言っても「こっちは客だぞ!」なんて横暴な振る舞いをしては、高額査定はもらえないと思いますがね。

お決まりの営業トークを知っておこう

それでは、そんな買取店の査定士(営業マン)のお決まりのトークやパターンと、その対処方法を幾つか紹介致します。

まず車の査定前に聞かれる定番としては、「ご希望の買取額はありますか?」「他社で査定された事はありますか?」「いつ頃お売りになる予定ですか?」「次の車を購入予定ですか?」などがあります。

まず希望の買取額については、特に言う必要も無いですので、出来るだけ高く買って下さいと言う意思を伝える程度でよいと思います。

私の場合なら、相手の表情や言い方や態度にもよりますが、「価格交渉は面倒で嫌いなので、駆け引きなしで出せるギリギリの価格を提示して下さい。」という内容を、やんわりと伝えます。

他社での査定については、行ったことがある場合なら、「査定した事はあるけど価格は言わないでくれと言われている。」、利用した事が無い場合で例え予定も無いにしても、「この後に査定の予約をしている」とでも言っておきましょう。

ただし本当は予約をして無い場合で、自宅に査定に来てもらっている場合は、そちらの査定が終わるまでココで待っておきますなんて言われたら面倒なので、そんな時は、実は下取りの査定なんでディーラーに行く予定ですとか適当に言って誤魔化しておきましょう。

売る予定の時期や次の車については、アナタの状況をそのまま伝えておいて問題ないと思いますが、次の車(中古車)を購入予定だけど、まだ車は決まってないなんて言うと、そちらの営業も始まる可能性が高いのでご注意を!ただ本当に次の車が未定で、良い販売店を探しているのでしたら、買取で良くしてもらえたら考えるとでも言っておきましょう。

ただこの場合も、買取査定と中古車の営業が平行して行われるかもしれませんので、相手のペースに飲まれないようにご注意下さい。

買取店を撃退しよう!?【後編】」に続く・・・

このページの先頭へ